新製品の使用例紹介

新製品ラインとして、コンバート・カメラと各種オプション類を紹介します。
まずは製品本体。12mのケーブルに繋がれた右側がカメラで、左側のBOXが本体装置。かの有名ブランド、カルティエにも大量に採用されている優れもの。

コンバート・カメラの天井取付オプション。黒いメッシュ状の部分が動くので、天井に取り付けても広範囲にカメラを向けることができます。とても小さいので、天井に取り付けていても煙センサー等にしか見えません。

コンバート・カメラの壁に追加取付する時のオプション。これを使う事で、壁裏の工事をすることなく、簡単に壁面にカメラを設置可能です。

コンバート・カメラのカメラカバー・オプション。このまま、壁や天井、棚、家具等に貼り付けるのもあり。

新ズーム・ボックス・カメラ Iシリーズ。小さくなったのに、光学30倍ズームと16倍のデジタル・ズーム対応。解像度は、1,2,4MPの3機種。

新小型屋外バレット・カメラのE38。ケーブルがブランケットの中を通るようになっており、取付時にケーブルが綺麗に収まります。前面の蓋を開けている写真で、指さししている部分にはMicroSDHCカードが入ります。12個のIRライトで30mまでの範囲をカバー。
更にE38には、ピープル・カウント機能等の画像解析ソフトもカメラ本体に組み込まれているので、インテリジェント・カメラと言えるでしょう。